超未熟児ちゃんブログです♪ 22週2日463g生まれの愛しのジュニア♬

テレビ朝日「サタデーステーション」の取材を受けた件について

どーもムシタローです。

 

なんとですね、我が家に「テレビ朝日」から取材依頼があったんです。

 

番組名は、高島彩アナがメインキャスターである、「サタデーステーション」です。

 

結構視聴率がある、1時間のニュース番組です。

 

そして、3月2日にしっかりと放送されました。

 

今回は、取材から放送までのやりとりを書いていきます。

 

取材までの流れ

 

27日

 

夕方に、「サタデーステーション」の番組担当者からこのブログのメッセージフォームから問い合わせがありました。

 

内容は、3月2日の放送の中で「世界最小268グラムの男の子が退院」のニュースを取り上げる予定との事。

 

⇓⇓このニュースについて書いた以前書いた記事

【世界最小268グラムの男の子退院】のニュースをみて

 

その中で「超低出生体重児」であるジュニアのことを少し取材させていただけないか?

という内容でした。

 

もちろんこのような類では、なにかしら力になりたいと普段から考えていたので承諾。

 

まだ企画が本決定ではないようだったので(放送日は3月2日と決まってました)、もし確定した場合いつ取材を受けるかだけ決めてこの日は終了。

 

28日

 

企画が本決定したということで、自宅取材確定の連絡がきました。

 

時間は19時。

 

会社から自宅まで1時間とちょっとかかるため、仕事を定時で終わらせ、ダッシュで電車にのり帰宅。

 

細かいか話をしていなかったので、恐らく映像は無しで、口頭で取材を受けるものだと思っていたのですが、まさかの帰宅するとテレビカメラが・・・

 

しくった泣

 

まぁそんな感じで、我が家の自然なご飯風景や、遊んでいる感じ、インタビューなんかをざっと1時間半ほど撮影しこの日は終了。

 

あとで妻からは、「テレビ取材ならテレビ取材ってちゃんといってよ」って怒られました泣

 

まぁそうですよね。

 

化粧や、服装とか、部屋の片付けとかありますもんね。

 

放送スタート

 

3月2日土曜、20時54分から番組はスタート。

 

念のため録画をして、リアルタイムで番組をみていました。

 

しかし、全然未熟児ちゃんのニュースにはならず、刻々と時間が過ぎていき、ニュース自体が放送されないのかなと思い始めたその時・・・・

 

番組の1番最後についに未熟児ちゃんのニュースが。

 

オオトリです。

 

今回退院した男の子の話から始まり、担当した慶応大の先生の話がはいり、

 

このご家族もNICUの経験者です

 

から我が家の映像が。

 

ざっと50秒。

 

ニュースの中の参考映像程度なのでそんな映らないだろうと思ってたんですが、思ったより長い。

 

⇓⇓ジュニア

 

そして、最後アヤパン泣いてくれました。

 

僕も、テレビで映るジュニアの笑った顔の映像にほっこり。

 

1時間半を50秒に収める編集力はさすがでした。

 

本当にいい経験をさせてもらったと思います。

 

取材を通して思ったこと

 

とてもいい感じで終わったので満足はしてるのですが、

 

本当のところはNICUで育ってる子供の親の過酷さや、孤独などのなんとも言えない気持ちや、

NICUを卒業しても色々と戦わなきゃならない現実

そんなところがつたえられたらなーって思ってしまいました。

 

なんか、「ハッピー」の一言で終わってしまうのに少しモヤモヤ。

 

仕方ないですけどね。

 

ニュースのなかの一コマなので。

 

この撮影を通じて、何か今後僕にこういった未熟児ちゃんや障害をもった子供達にできることはないかなって、より一層考えるようになりました。

 

とにかくいい経験になりました。

 

このような経験をさせていただけた番組のスタッフの方々には感謝しています。

 

p.s.

 

アヤパンがウルウルしてた映像みて、なんかわかってもらえてる気がしてすこし嬉しかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です