超未熟児ちゃんブログです♪ 22週2日463g生まれの愛しのジュニア♬

妻退院後の生活 NICU初期

ムシタローです。

息子の出産を終え、約1週間の入院を経て退院した妻。

ここから、約5ヵ月間自宅から息子の入院しているNICUにほぼ毎日通うことになります。

22週2日出生、体重463g。NICUにて息子と初対面の時の様子

妻の日常

電車とバスで約1時間程。

結構な田舎にある大っきな病院。

ジュニアと会うため毎日通います。

1日でも行かない日があった日に何かあったら・・・

そんな気持ちで行っていたと思います。

少し経つと、

管を通して妻のミルクを飲ませるので、搾乳した乳を冷凍して病院まで持ってくという目的もプラスされます。

搾乳【サクニュウ】
母乳をとること

僕は会社が休みの土日に妻とともに病院へ行っていました。

NICUでの日常〜初期〜

いつものようにロッカーに荷物を入れ、

肘までしっかり手を洗い、消毒をして、

部屋に入ります。

ジュニアの保育器の前に座り、耳もまだ出来上がってないので聞こえないけれど声をかけながらただ眺めます。

少し経つと日々ローテンションですが、本日の担当看護師がきて、夜ジュニアはどんな様子だったかを聞きます。

それぞれ正担当看護師がいて、交換日記をしていたのですが、妻が書いたものをお渡し。

それで夕方までただただ最初は眺めているだけです。

酸素を送っている機械が、結構な頻度でなるので、それにドキドキしながら。

まとめ

産後の妻の日常でした。

NICU初期はジュニアに対しては何もできず、ただひたすら見守る生活でした。

本当にこんなにちっちゃな赤ん坊が、2000グラム後半まで体重を持ってけるのか?って言う漠然とした不安と格闘しながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です