超未熟児ちゃんブログです♪ 22週2日463g生まれの愛しのジュニア♬

そもそも未熟児とは

ムシタローです。

 

未熟児についての知識を少しだけ書いていきます。

 

未熟児について、語り出すととてつもなく難しいのであくまでざっくりとですが。

未熟児ってどんな子?

 

一般的に未熟児と呼ばれる子供達。

 

早産で生まれた出生体重2500グラム未満の新生児のことを指しています。

 

そもそも早産かそうじゃないかは、下のように分かれています。

❶早産・・・妊娠22週から妊娠36週6日までの出産

 

❷正期産・・・妊娠37週から妊娠41週6日までの出産

 

そして、出生体重も下のように区別されています。

❶低出生体重児・・・2500グラム未満の新生児

 

❷極低出生体重児・・・1500グラム未満の新生児

 

超低出生体重児・・・1000グラム未満の新生児

 

※❷.❸は、高度な医療のケアが必要です。

ちなみに我が息子ジュニアは、22週2日約460グラム出生なので、早産超低出生体重児です。

 

いわゆる未熟児ちゃんですね。

 

MEMO

正期産児でも様々な理由から、低体重で産まれてしまうことがありますが、出生体重が小さくても在胎週数が長い場合、出生した児は「未熟」とはいえないため、低体重でも現在は、未熟児という言葉は使わなくなっているようです。

 

小さければ、◯低出生体重児。

早ければ、早産。

みたいな感じです。

 

 

体重が小さく生まれてくることと、お母さんのお腹の中にいる期間(在胎週数)のどちらが重要かというと、在胎週数の方が重要なようです。

 

ムシタロー

お腹の中にいる期間が、例えば37週の子と、38週の子では、37週のほうがトラブルが起こりやすいという結果もあるようです。

 

たしかに、息子も産まれる前に、先生から1日でもお腹にとどめておきたいと、言われました。

 

それほど、在胎週数が大切なのですね。

未熟児(超低出生体重児)として出産することになった時のこと

 

未熟児の病気について

 

病気やリスクは本当に沢山ありますし、個人差や、生まれた状態でもかなり違うとおもうので、

細かくは、医療の専門的な記事を見ていただければと思います。

参考 早期産の低出生体重児に多い病気こどもの医学館

 

我が息子ジュニアの場合だと、

呼吸機能が未熟で、呼吸のバランスが悪く、血中の酸素の値の変動もすごく、よくアラームがなり、看護師さんが、機械を操作してましたね。

いつもヒヤヒヤしてました。

 

しかし、32週未満は、肺機能が未成熟で生まれてくるので当たり前のことみたいです

 

 

脳出血もありました。

 

ただ一時的なことで、気付いた時には血は止まっていて、大事には至りませんでした。

 

後遺症はどうなるかは謎ですが、成長していく中で見ていくしかないとのことです。

 

 

少し大きくなってくると、目のレーザー手術を何回か行いました。

 

これは、未熟児網膜症の治療ですが、

未熟児ちゃんはかなりの高確率でやるようです

 

参考 未熟児網膜症Medical Note

 

発達障害について

 

在胎週数3537週未満の早産児は、成長・発達が正期産児とほとんど変わらず、1歳までに多くが正期産児と同じくらいの発育に追いつきます。

 

ただし体の機能が完全にでき上がる前に生まれてくると、正期産児と比べて注意欠如多動性障害、学習障害、聴力障害などになりやすい傾向があるとされています。

 

特に、出生時の体重が1,000g未満である超低出生体重児は、脳性麻痺や精神発達遅滞、視力障害などのリスクが高く、3年以上の長期のフォローアップが必要です。

 

もし赤ちゃんに障害が残る可能性があると診断された場合、乳児の段階で的確に状態を掴むことは難しいので、定期的に検診を受けて経過を見守ります。出典:こそだてハック

 

 

あくまで、「なりやすい傾向」です。

 

しかし、長く「22週で生まれた超低出生体重児」という現実と闘わなければならなそうです。

 

最後に

 

未熟児について書いていきましたが、改めて記事にすると、結構不安要素多いですね。

 

特に、我が息子ジュニアに関しては、22週2日出生なので、今後発達に関してもかなり心配です。

 

しかし、それを悩んでても仕方がないので、

 

今後起きるをきる事しっかり受け止め、

超前向きに子育てをしていこうと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です