超未熟児ちゃんブログです♪ 22週2日463g生まれの愛しのジュニア♬

【ジュニアの日常】H31.1.6 ジュニア熱性けいれん再び

どーもムシタロー です。

 

1月6日。

 

ジュニアが、久しぶりの熱性けいれんを起こしてしまいました。

 

⇓⇓過去の熱性けいれんの記事

 

ジュニアの何度も起こした熱性けいれんについて【22w2d未熟児】

 

 

 

今回は、AM10時頃おきてしまいました。

 

その時の様子

 

その日、妻は仕事に出かけ、仕事が休みの僕が、面倒をみていました。

 

珍しく朝から眠そうだったジュニア。

 

少し体は熱いかな?って感じましたが、元気だったので、特に熱も計らず、一緒に布団でお昼寝をしていました。

 

ムシタロー

これがいけなかった・・・

しっかり体温はかっていれば・・

 

 

急に、少し声を出し体をそらし出したんです。

 

まさか?

 

と思い顔をみると、目の焦点があっておらず、唇はみるみる紫。

 

完全に熱性けいれんです。

 

首元、脇の下を触るとすごく熱い・・・

 

とにかくなるべく呼吸がしやすくできるように抱っこをし、痙攣がおさまるのをまちました。

 

そして腕の中で嘔吐。

 

約1.2分でおさまり、すぐさま体温を計りました。

 

結果、40.6度

 

普段熱が38度程あったら痙攣予防のダイアップという座薬をいれるんですが、今回は、熱があると思ってなかったので、いれておらず。

 

その結果、痙攣。

 

物凄く自分を責めました。

 

ひとまず、痙攣が起きた後にダイアップを入れていいのか分からず、シャープ8000に電話。

 

 

確認したところ、ダイアップは入れた方がいいとのことでダイアップ投入。

 

20分ほど様子を見てジュニアもぐったりしてましたが、落ち着いていたので、

救急対応可能な病院に電話して、すぐさま車で病院へ向かいました。

 

病院で診てもらうと、ちょっと喉が赤くなってる程度とのこと。

 

翌日に、熱が下がっていたとしてもインフルエンザの検査はしてくれとのことでその日は終了。

 

原因がわからず不安でした。

 

そしてジュニアは、そのまま熟睡。

 

痙攣の後って必ずこうなんです。

 

家に帰り、ジュニアを布団に。

 

熱を測ると、38度台に。

 

なんだったんだ?あの一瞬の高熱は。

 

13時頃には起きて普通にご飯を食べるジュニア。

 

水分もしっかりとります。

 

15時頃には、熱は38度前半。

 

しかも、普通に元気に歩き回っている。

 

18時頃には37度中盤。

 

謎です・・・・

 

妻が19時頃帰宅したのですが、その頃はいつもと同じくらいの熱。

 

怖かったので、何度も計りましたが、結果は同じ。

 

念のため8時間後に2回目のダイアップ。

 

※1回の熱でダイアップは2回目いれふんですが、熱が落ち着いているときは入れない方がいいという意見もあります。

 

今回は、まだ熱が引いていなかったので2回目投入しました。

 

ダイアップの影響でハイに

 

ダイアップを入れると、副作用?なんでしょうか、目がとろーんとして、フラフラし出します。

 

そして変に興奮しだすんです。

 

これは個人差があると思うですが、ジュニアは完全に上記のような様子になります。

 

そして興奮のせいなのか・・・・

 

寝ない。

 

全く。

 

もう限界だと思い23時頃車に乗せてドライブ。

 

熱をだしているのであまりしたくはなかったんですが、睡眠をとらすための苦肉の策です。

 

やっと寝ました。

 

ここまでハイになると、こうでもしないと寝ないんです。

 

深夜寝てるすきに体温はかると・・・

 

完全に下がってました。

 

今まで40度超えた熱をだし、その日のうちに熱が平熱に戻るなんてことはなかったんで、

 

本当に謎でした。

 

翌日、インフルの検査に

 

休日のため、救急で診てもらった際、医者から言われていた、インフルの検査を翌日病院で行いました。

 

その日は僕が仕事に行き、妻が対応。

 

結果、インフルではありませんでした。

 

最後に

 

今回のこの急な高熱については原因がわからず謎のままで終わりました。

 

久しぶりの痙攣だったのと、もう痙攣はないかな?って思っていたので、

今回は本当に、びっくりしました。

 

やはりこれからは、必ず朝体温を計る習慣をつけなければと強く思いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です