超未熟児ちゃんブログです♪ 22週2日463g生まれの愛しのジュニア♬

ヒトメタニューモウイルス感染 7日間の格闘の記録【22w2d未熟児】

どーもムシタロー です。

 

ジュニアがかかってしまいました。ヒトメタニューモウイルスに。

 

 

ムシタロー

ゲームのボスみたいな名前。

 

 

熱もずっと高熱。咳もけっこうでる。

 

このウイルスかなりしんどいです。

 

このヒトメタが結構流行っているみたいなので、このヒトメタとジュニアの格闘記録を今回記事にしました。

 

ヒトメタニューモウイルスとは

 

 

なんかとてつもない名前のウイルスですが、これは呼吸器の感染をひきおこすウイルスのようです。

 

気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症をひきおこすウイルスの一種です。1~3歳の幼児の間で流行することが多いのですが、大人にも感染します。
小児の呼吸器感染症の5~10%、大人の呼吸器感染症の2~4%は、ヒトメタニューモウイルスが原因だと考えられています。とくに乳幼児や高齢者では重症化することもあり、注意が必要です。

引用:Meiji Seika ファルマ株式会社HPより

 

主な症状としては、

  1. 鼻水

 

風邪と同じですね。

 

潜伏期間は4~6日で、

乳幼児や免疫力が低下している場合、重症化して気管支炎や肺炎などを起こすことがあるので注意が必要のようです。

 

しかも、かかったら免疫ができてかからなくなるってわけじゃなく、かかる場合は何度もかかるようです。

 

たちの悪いウイルスですね。

 

 

とりあえずジュニアは、7日間熱と闘い、中耳炎を併発しました。(6日間は39度~40度

 

ヒトメタニューモ発見までの経緯

 

 

10月15日(月)夕方

 

妻の携帯に保育園から連絡があったとLINEでしる。

 

内容はジュニアがお熱38度だとのこと。

 

ジュニアは未熟児で、比較的体が弱く、熱性痙攣も何度も起こしていることから、38度超えたらダイアップ(抗けいれん剤)をお尻から入れるか検討するのが常。

 

ジュニアの何度も起こした熱性けいれんについて【22w2d未熟児】

 

 

今回は、迎えに行ってから家で様子みて入れる判断に。

 

そして僕が帰宅後やはり熱は40度に。

 

ムシタロー

やはりジュニアはすぐ高熱になっちゃうなー

 

 

10月16日(火)

 

今回は、初日僕が会社を休み病院へいくことに。

家での症状
◯熱 40.2度

◯咳はなし

小児科で診察をしたが、胸の音や喉はそんなにひどくない模様。

 

耳の中が見えにくいので、耳鼻科にて耳の中の確認。

 

結果、両耳中耳炎

 

ムシタロー

大体高熱の時は中耳炎。

 

しかし、両耳なるのは久しぶり。

 

お薬は、風邪薬と抗生剤を処方。

 

◎風邪薬(1日2回)

ムコダイン

アスベリン

ムコソルバン

 

◎抗生剤 (1日3回)

サワシリン

ミヤBM(整腸剤)

これに咳がひどくなりそうな場合寝る前に、ストックとして我が家にあるキプレス(咳止め)を飲まします。

処方された薬はいつものパターンです。

 

寝る前かなりきつそうだったので解熱剤をいれ、この日は寝かせました。

 

10月17日(水)

 

この日は、妻が仕事を休み看病。

家での症状
◯熱 38.6度~40.1度

◯咳はなし

◯ママにずっとべったり

※体がきつい時は毎回こうなります。

しかし熱が全く下がらない。そりゃ中耳炎両耳だから仕方ないか。

 

そして、夜中に暗雲立ち込める態勢に。

 

ムシタロー

この態勢きちまった・・・

 

ものすごく悪寒を感じているときなんかにこんな態勢をします。

 

この態勢が来ると痙攣とかを覚悟するんです。

 

とりあえず一回起こして胸に抱っこしながらソファーで休憩。

 

そのままほっとくと怖いんです。もう癖ですね。

 

脇にアイスノンなんかを置いたりして、様子を見てました。

 

解熱剤をいれ少し落ち着いてきたので、布団へ。

 

そのまま妻の横におき、僕も就寝。

 

10月18日(木)

 

この日も妻が仕事を休み看病。

 

家での症状
◯熱 40.0度

◯咳ひどくなる

◯鼻水でだす

◯ママにずっとべったり

 

 

ついに咳も出てきたので再度診察へ。

 

このタイミングで保育園から情報があり、下のクラスで、ヒトメタニューモウイルスが流行って、結構休んでるとのこと。

 

それを病院の先生に伝え検査してもらうと、、

 

ヒトメタ感染確定。

 

 

ということは、ヒトメタが原因で中耳炎になり高熱ということですね。

 

長い期間高熱が続いてるので何かな?と思ってましたが、ウイルスが原因ってことで腑に落ちました。

 

ここからさらに格闘

 

 

10月19日(金)

 

この日も連続で妻が仕事を休み看病。

 

実は、前日の夜、ジュニアがやっと寝ているときに汗をかきだしたので、ようやく熱が下がると思いツイッターでツイートしたんですよ。

 

フォロワーの皆さんから暖かい言葉もいただきました。

 

 

がしかし、

 

ヒトメタなめてました・・・・

 

家での症状
◯熱 朝37.7度→昼38.0度→夜40.0度

◯咳相変わらずひどい

◯鼻水も相変わらず

◯ママにずっとべったり

 

結局夜には再び40度コース。

 

ヒトメタ恐るべし。

 

夜に急に熱が上がったので、少し悪寒を感じてる様子。

 

解熱剤を入れ、落ち着かせこの日も寝かせました。

 

 

10月20日(土)

 

この日は妻が仕事へ行き、僕が休みのため看病。

 

家での症状
◯熱 朝37.1度→夕方40.1度

◯咳落ち着く

◯鼻水も少し落ち着く

◯僕にずっとべったり

 

朝まさかの37.1度。

 

ムシタロー

おぉぉぉ熱下がったーー

 

ただ食欲はそんなにないなぁと思い、一緒にお昼寝をしているとき、ふとオデコを触ると・・・

 

 

ムシタロー

熱い・・・・

 

まさかのここにきての40.1度。

 

ヒトメタ恐るべし。

 

昨日に続き2回熱が下がっての40度。なんか嫌な予感が。

 

ムシタロー

さらに何か感染してるか、肺炎か。
とりあえず、病院に電話をして救急外来へ行くことに。

 

一応診察はしたのですが、咳がおさまってきているのと、ヒトメタの症状から外れていないとのことで、翌日も熱が下がらない場合は診察するということで、仮予約をして終了。

 

念のため抗生剤追加で処方されました。

 

10月21日(日)

 

この日も僕が休みなので看病。

 

家での症状
◯熱 朝37.7度→昼過ぎ37.2度

◯咳は変わらず落ち着いている

◯鼻水も少し

 

朝熱はかなり下がっていたのですが、また上がる可能性もあるので、昨日仮予約していた病院へ電話し再診察。

 

肺炎が気になっていたので、レントゲンをとってもらうことに。

 

結果は肺炎って診断するほどではないとのこと。

 

とりあえすヒトメタの症状から外れていないとのことで帰宅。

 

午後、あんまりベタベタひっついてこなくなってきたのと、食欲が少し戻ってきたので、再度熱を測ると、37.2度。

 

そのままこの記事を書いている深夜まで熱は上がっていません。

 

ムシタロー

よかったーー

 

ヒトメタ感染時に特に注意したこと

 

今回ヒトメタにかかり、インフルエンザを思い出しました。

 

やはり高熱の期間が長いんですよ。

 

個人差はもちろあるでしょうけど。

 

それで高熱時、食欲はやっぱりなくなると思うんですが、水分補給は特に注意しました。

 

これはヒトメタだからってわけじゃなく熱に関しては絶対ですよね。

 

ここで我が家の水分補給の秘策を少し紹介します。

 

なかなか水分をとらない時の秘策

 

我が家では、ジュニアが水分をとるのを嫌がるとき、かならず渡すものがあります。

 

それは、、

 

 

 

おっとっとです。

 

あのお菓子の「おっとっと」です。

 

これを渡すと食欲無くても手に取りパクっといくんですよ。

 

そして少ししょっぱいですから、かならずそこに飲み物を渡すと飲みます。

 

今のところ百発百中です。

 

多分、水分とらないときは、塩分のあるそのお子さんの好きなものをあげるといいかもですね。

 

まとめ

 

 

  • 10月15日(月)
    夕方発熱
    熱最高40.0度
  • 10月16日(火)
    病院へ
    両耳中耳炎の診断

    熱最高40.2度

  • 10月17日(水)
    熱最高40.1度
  • 10月18日(木)
    再度病院へ
    熱最高40.0度

    咳がでだす

    ヒトメタニューモウイルス感染発覚

  • 10月19日(金)
    一度37.7度まで下がるが、再び熱最高40.0度

    咳ひどい

  • 10月20日(土)
    救急外来へ

    一度平熱まで戻るが、再び熱最高40.1度

    咳落ち着く

  • 10月21日(日)
    再び救急外来へ

    肺炎ではなかった

    平熱に戻る

 

こんな感じの7日間でした。

 

ヒトメタニューモウイルスって全然聞いたことなかったですが、ジュニアの通っている保育園では下のクラスの子が何人かかっていました。

 

そして金曜日に知ったのですが、ジュニアのクラスの子結構かかったみたいでお休みした子がかなりいたようです。

 

感染力強いのでぜひ気をつけていただければなと思います。

 

ちなみに今回40度の高熱が、15日の夜から20日の夜まで続きましたが、けいれんは一度も起こしませんでした。

 

結構インターネットや、SNSを見ていると、肺炎になり入院している子もちらほらみられるので、今後も注意が必要ですが。

 

とにかく、「ジュニア、よく頑張りました!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です